Blood Orange / Negro Swan



ゴスペルからネオ・ソウルまでのオーセンティックな黒人音楽と
シンセ・ポップの要素が入り混じった音楽性は
宛らD'AngeloとFrank Oceanの中間を行くよう。
M14ではThundercatに通じるフュージョン
M15ではAriel Pinkを想起させるAOR風までが披露されておりモダンな雰囲気を醸出している。


倍音を多く含んだシンセのアンビエンスは
如何にも昨今のオルタナR&Bに相応しいサウンドだが
M7の高速ハイハット使いにも関わらずビートにトラップの要素は希薄で
他の凡百のものとは一線を画した印象を受ける。
ディレイで変調されたM4の奇妙なハット音や
異なるドラムマシンによるビートをパッチワーク的に組み合わせたようなM10等
音色自体はオールドスクールでチープな感覚さえあるが不思議なオリジナリティで溢れている。
M12のサイレンのような上昇するシンセと狂ったピアノの競演等は独創的で
何処かJames Blakeにも通じる才能を感じさせる。


途中でころころと姿形を変えるエキセントリックな曲調
インタールードとの境界線は限りなくファジー
曲の切替りも極端でミックス・テープを聴くような感覚もある。
これ見よがしではなくそこはかとないスラップスティックさが漂っており
痛々しい程にオルタナティヴである事を自らに課すようなMiguelとは対照的に
至ってナチュラルに狂った感じが好ましい。


ソウル/R&Bシンガーとしての歌唱力は実は下手なのではないかと思わされる瞬間もあり
意図的な破綻なのかどうか判断し難いところもあるが
黒人音楽の新時代を象徴するプロデューサーとしての才能は疑いようがない。
このような才能がFKA TwigsからMariah Careyまで幅広くプロダクションに携わる現状は
インディ/メジャーを問わない昨今のR&Bの面白さを物語っている。