Janelle Monáe / Dirty Computer



Brian Wilsonのとても76歳とは思えないファルセットがコーラスを添えるM1が
まるでシーンが切り替わるように唐突にフェードアウトする様は
如何にもJanelle Monáeの新しい物語の幕開けに相応しいシネマティックなオープニングだ。
架空の映画のサントラ宜しく幾つかの同じコード進行がモチーフとして繰り返し登場したり
前の曲のフレーズを次の曲が継承してシームレスに繋がっていく構成からは
本作が「Metropolis」シリーズに引き続き
何かしらのストーリーテリングを導入している事が解る。


サウンド面では「The Archandroid」が
60’s・70’sのソウル/ファンクを下敷にしていたのに対し
本作はシンセ主体のエレクトリックな80’sポップやディスコを採用して
これまでのフィメールOutkast的イメージからの逸脱も見せている。
ディスコティックなM3〜M5は宛らAbbaBlondieのようで
M8には生前本作に関わっていたというPrinceが深く影を落としている。
まるでHuey Lewisみたいな能天気な曲調のラストのM14は
何ともアイロニックでともすれば誤解を与え兼ねないという意味で
現在のアメリカで堂々と「I’m American」と歌えるその勇気に畏れ入る。


80’sレトロスペクティヴなのは確かに顕著な特徴だが決してそれ一辺倒という訳ではなく
随所にトラップ風のハイハットアンビエントR&B的なシンセ等の
モダンなプロダクションを聴く事が出来るし
トロピカルなムードのダンスホールのM9や
ブルージーなネオソウルのM11とスタイルには一定の幅がある。
M6では堂に入ったラップでナスティを気取ったり
M7では囁くような歌声で可憐さを垣間見せたかと思えば
M10では「Remonade」のBeyoncéに引けを取らない力強い歌唱を聴かせる等
一人何役も熟すような千両役者振りは流石でその歌唱の器用さは相変わらず魅力的だ。
中でもM8後半のファンキーでエロティックなシャウトが齎す高揚感は半端なく
本作のハイライトの一つと言って差し支えない。


強烈なフックを持った曲が矢継ぎ早に繰り出される「The Archandroid」の
ジェットコースターのようなスリリングさと較べるとやや物足りなさは残るし
Whitney Houstonばりに高らかに歌い上げる
M13のバラード等は少々蛇足かとも思うものの
確かに完成度の高いポップ・アルバムである事は間違いない。